会社概要FAQプライバシーポリシーリンク
医療関係の皆さまへ

「心のこもった医療サービス」
 「マネジメントの導入」で職員一人ひとりの意識を高め、組織を機能することで患者様の要望・期待・技術に応えられる「心のこもった医療サービス」へと発展。
 医療サービスの真の向上が、結果的に経営の収益改善につながります。

◆患者様の立場から

 職員との温かい触れ合いから、親しみのあるコミュニケーションがとれる安心感が得られます。

◆病院の立場から

  患者様と親しく接することで、心の通い合うコミュニケーションがとれるので、新たな情報提供を得ることができます。「口コミは最大の宣伝」となります。

◆経営課題

 患者様満足(CS)には高水準の「確かな医療の質保証」の提供にプラス「心のこもった医療サービス」の提供こそ、「患者様の命を預かる」究極の経営課題と考えます。

◆職員満足(ES)が患者様満足(CS)の追求

 自分の意見を率直に上下・立場に関係なく発言できる組織風土は、職員のモチベーションを高め、また自分の存在価値も高めます。グループミーティングで意見を交換することは、日々業務の改善につながります。
よい組織風土づくりに取り組むことで、職員の働きがいとなってESへとつながります。

◆何をもってESとなる魅力的な職場とするか

(1)経営の軸は経営理念

経営者の想いを全職員に語り伝えることで、病院全体に浸透し魅力となって求心力となります。職員は共感すると将来の夢を描くことでき、モチベーションが高くなり組織活性します。
そのことがブランド力となってすばらしい病院だとの評価が得られます。

(2)信頼はすべてを解決する

経営者と職員が、人間として相互に尊敬し合える関係をつくることによって、信頼関係が生まれます。
そこから自然に職員の自律心が芽生え、組織は一体感が醸成され課題解決への道筋につながります。

(3)賞罰制度があるか

職員のモラール・モラルを決めます。病院品格のよい組織風土はESにつながります。

◆職員の定着がもたらす効果

(1)職員の定着は明るい職場の雰囲気となって信頼感を与えます。
(2)職員のモチベーションの向上となります。
(3)組織の一体感が醸成されます。
(4)ヒューマンエラーが改善されます。
(5)課題・目標達成でき収益改善となります。
(6)職員募集のために費やす労力・コスト発生減となります。

◆経営改革にやるべき課題

 改革のマネジメントは、BSC(バランススコアカード)の導入で患者様満足・職員満足・収益改善をします。
経営革新には、経営品質向上マネジメントを導入し改革をすすめエクセレントホスピタルを目指します。
 このマネジメントを導入し成功するには、「よい風土が形成されているか」の現状把握し問題があれば改善してからすすめると、成功率は高くなります。

◆経営改革を成功するには

 病院の経営の収益を圧迫している原因の多くは、労働分配率が高いことに起因しています。その改善には様々な対策をとる必要があります。何よりもドクターを含め特に職員は全体に占める割合が多いことから、職員の効率化と保険点数7対1を安定させることが収益改善になります。
 そのためには優れた職員の定着が課題です。

(1)職員の採用法

  1. 人間性(人柄)
  2. 健康(体力+ストレス耐性)
  3. 能力

 優秀な人は必ずしも、頭の良さと人間性が一致していません。
 職員の安定的確保と定着を図り「高水準の医療技術」とより質の高い医療サービスを提供するには人間性を重視です。人間性をみる採用テストから判断できます。

(2)職員の育成 
キャリアアップ+マネジメントでの自己成長(EQ・SQ)
知識・技術プラスそれを発揮するための行動習慣で実践力をつけ、経営の収益改善につなげます。
IQ(知能指数)ばかりでなくEQ(心の知能指数)やSQ(社会的指数)を高めて「心のこもった医療サービス」のできる職員の育成が感動の医療へつながります。

(3)魅力ある職場づくり

  1. 公平で納得感ある評価・報酬と仕組みづくり
  2. 仕事のやりがいを引き出す仕組みづくり
  3. 働きやすい環境づくり
    をする必要があります。弊社は独自の方法でこの制度・仕組みを提供しています。

(4)BSC(バランススコアカード)の導入によって経営の収益改善
 まず、マネジメントの基本をJQA(経営品質向上マネジメント)で学んで頂くか、アセッサー(推進者)を養成してプロジェクトメンバーで推進していくかで、全職員に浸透させます。
 そして、職員の自律(自分で考え行動)が芽生え、組織力が醸成され安定してきた時点で、BSC→JQAの革新マネジメントに全社的に取り組みをし、エクセレントホスピタリティーを目指します。

 BSCは1990年代に米国において開発された戦略的マネジメントツールですが、医療界におきましても、米国を中心に導入・活用が進んでおります。

 経営改革をすすめるには、理事長を先頭に役員と職員とが一体となり「改善マップ−重要・緊急度」で見えるようにして、相互の意見交換しコンセンサスを得ることが重要と考えます。